Navicat Cloudの安全性について

まず、Navicat Cloudはデータベースに接続しアクセスすることができません。ユーザーの接続設定やクエリ、モデルファイル、バーチャルグループを保存することができるだけです。ユーザーのパスワードやデータ(例えばテーブルやビューなど)は、Navicat Cloudに保存されません。

2つ目に、Navicat Cloudは、すべてのオンラインストレージにAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)を使用します。これは、安全にデータをアップロードするために、米国政府機関や省庁を含む多くの企業も使用しています。Amazon S3は、データ用の高耐久性の安全なクラウドストレージをを提供します。データは、256ビットの高度暗号化規格 (AES-256) を使用したAmazon S3のサーバー側の暗号化を使用して保護されます。ユーザーのファイルは、データセンターのディスクに保存される前に暗号化され、ユーザーがアクセスするときに復号化されます。また、ユーザーが選択したファイルは、NavicatとNavicat Cloudサービス間で、安全なインターネットネットワーク接続の規格である256ビットのSSL (Secure Sockets Layer) 暗号化を使用した安全なチャネルを通じて送信されます。サーバー側の暗号化に関する詳細は、こちらをクリックしてください。

3つ目に、ユーザーは、保護レイヤーをさらに追加するために、Navicat Cloudアカウントに対して2段階認証を有効にすることができます。これは、アカウントのセキュリティを高めるための高度認証ソリューションを提供するセキュリティ機能で、オプションです。

最後に、PremiumSoftは、同期されるすべてのファイルを極秘に保持します。そして、すべての従業員に対して、ユーザーがNavicat Cloudアカウントに保存するファイルの内容を見ること/アクセスすることを禁止しています。Navicatのプライバシーに関する詳細は、こちら

さらに質問がございましたら、 チケット送信.
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。