Windowsコマンド

対応OS: Windows

Navicat対応製品: すべて

Navicat対応バージョン: バージョン11.2以上

 

Navicatオブジェクト

サーバーの種類

コマンドライン

バックアップ

MySQL, PostgreSQL, SQLite, MariaDB

navicat.exe -backup [ProfileName] -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

インポート

すべて

navicat.exe -import ProfileName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

テーブルのエクスポート

すべて

navicat.exe -export ProfileName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

ビューの結果のエクスポート

すべて

navicat.exe -exportview ProfileName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

マテリアライズドビューの結果のエクスポート

Oracle, PostgreSQL

navicat.exe -exportmview ProfileName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

クエリの結果のエクスポート

すべて

navicat.exe -exportquery ProfileName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

クエリの実行

すべて

navicat.exe -query QueryName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName

データ転送

すべて

navicat.exe -datatransfer ProfileName -t ProfileType

データの同期

すべて

navicat.exe -datasync ProfileName -t ConnectionType

バッチジョブ

すべて

navicat.exe -batchjob BatchJobName

レポートの印刷

すべて

navicat.exe -report ReportName -u NavicatID -p ProjectName -t ConnectionType -c ConnectionName -d DatabaseName -s SchemaName FileType PathName [-sc DataPipelineName Value [Value ...] ...]


注意:

NavicatID - 接続をNavicat Cloudに保存する場合、Navicat IDが必要です。例) user@example.com

ProjectName - 接続をNavicat Cloudに保存する場合、プロジェクト名が必要です。

ConnectionType - 接続の種類: MySQLまたはOracle, PostgreSQL, SQLite, MSSQL, MariaDB

ProfileType - データ転送プロファイルの種類: MySQLまたはOracle, PostgreSQL, SQLite, MSSQL, MariaDB, Premium

FileType – 出力レポートのファイルの種類: -pdfまたは-html, -excel, -printer

PathName - プリンター名またはターゲットファイルパス, 例C:\Users\Guest\Desktop\report_sample.pdf

DataPipelineName – データタブの下のデータパイプラインの名前

Value – データタブの下のクエリデザイナーの検索タブでチェックがつけられている自動検索オプションの条件値


例:

navicat.exe -report MyReport -u test@navicat.com -p Project1 -t MSSQL -c "SQL Server 2012" -d AdventureWorks -s dbo -pdf "C:\Users\Guest\Desktop\report_sample.pdf" -sc table1 value1 value2 -sc table2 value1

さらに質問がございましたら、 チケット送信.
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。