対応OS: Windows Vista

Navicat対応製品: すべて

Navicat対応バージョン: すべて

 

Windows Vistaはユーザーアカウントコントロール機能を導入しているので、その機能が有効な状態で(デフォルトで有効です)、パスC:\Program Files\にファイルを保存しようとすると、そのファイルは"暗黙のうちに"別のパスに保存されます。(バーチャルストアと呼ばれるものです)

 

方法1

パスにしたがいC:\Program Files\PremiumSoft\Navicat\......\を開き、接続名とデータベースフォルダを見つけられるかどうか確認します。表示されたとおりに"互換性ファイル"ボタンをクリックします。これで、別のディレクトリに移動するはずです。

 

方法2

パスにしたがいC:\Users\YourAccountName\AppData\Local\VirtualStore\.....\を開くと、うまくいけばそこにサブディレクトリを見つけるでしょう。

注意: フォルダ"AppData"フォルダは非表示です。隠しフォルダなどのすべてのファイルシステムを表示するように設定してください。

 

さらに質問がございましたら、
チケット送信