対応OS: Windows, Linux

Navicat対応製品: すべて

Navicat対応バージョン: バージョン8.x以上

 

表示時間モードを設定するために:

バージョン11.2以下

  1. ツール > オプション > 表示 > データ&グリッドを選択します。
  2. 表示書式で、以下のとおり、時刻テキストボックスに希望のスタイルを入力します:

12時間フォーマット - hh:mm:ss ampm
24時間フォーマット - hh:mm:ss

 

Windowsバージョン12以上、Linuxバージョン12

  1. ツール > オプションを選択します。
  2. レコードを選択します。
  3. 表示書式で、以下のとおり、時刻テキストボックスに希望のスタイルを入力します:

12時間フォーマット - hh:mm:ss ampm
24時間フォーマット - hh:mm:ss

 

Linuxバージョン15以上

  1. ツール > オプションを選択します。
  2. レコードを選択します。
  3. 表示書式で、以下のとおり、時刻テキストボックスに希望のスタイルを入力します:

12時間フォーマット - hh:mm:ss AP
24時間フォーマット - hh:mm:ss

さらに質問がございましたら、
チケット送信