対応OS: Windows, Mac, Linux

Navicat対応製品: すべて

Navicat対応バージョン: すべて

 

スケジュールバックアップが実行されるために、Navicatが起動している必要はなく、Navicatがデータベースに接続している必要もありません。しかし、スケジュールバックアップの起動前に、必ずパスワードが接続ウィンドウに保存されていなければなりません。

  1. Navicatで、接続を右クリックし、接続設定/接続を編集を選択します。
  2. 各タブで、パスワード保存にチェックをつけます。

注意: Windowsバージョンの場合、接続ウィンドウとWindowsスケジュールの両方にパスワードが保存されていなければなりません。

さらに質問がございましたら、
チケット送信