データの同期を双方向プロセスとして設定するためには、どのようにすればいいですか?

対応OS: Windows, Mac, Linux

Navicat対応製品: すべて

Navicat対応バージョン: バージョン9.0以下

 

  1. データの同期において、詳細タブを選択します。
  2. 双方向を選択します。

注意 : 双方向モードの場合、レコードの挿入またはレコードの削除のいずれかを選ぶことができます。双方向モードでレコードの更新を選択すると、Navicatは同期先テーブルのプライマリーキーフィールドに基づいてレコードを更新するだけです。したがって、双方向の更新処理は、同期元から同期先への単方向をして動作します。

 

さらに質問がございましたら、 チケット送信.
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。