対応OS:Windows、macOS、Linux

Navicat対応製品:全て

Navicat対応バージョン:バージョン10以上

 

Navicatで双方向のデータの同期を実行したい場合、同期を2回行い、希望の条件に基づいてオプションタブ/ウィンドウのレコードの挿入レコードの更新、またはレコードの削除オプションを調整する必要があります。

 

例:

サーバーAとサーバーB

  1. まず、AをBに同期し(レコードの挿入とレコードの更新のみ)、BにAのレコードが含まれるようにします。
  2. 次に、BをAに同期し(レコードの挿入のみ)、Bに存在するがAには存在しないレコードをAに追加します。

さらに質問がございましたら、
チケット送信