インポートウィザードのステップ7がデータの置き換えと挿入以外を許可しません。なぜですか?

対応OS: Windows, Mac, Linux

Navicat対応製品: すべて

Navicat対応バージョン: すべて

 

解決方法

インポートウィザードのステップ7で、残りのオプションをアクティブな状態にするためには、ステップ6でプライマリーキーを有効にしなければなりません。Navicatは、削除や更新アクションに関して、レコードを見つけるためにプライマリーキーを必要とします。

これは、既存のテーブルにデータをインポートする状況のみに適用されます。

さらに質問がございましたら、 チケット送信.
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。