対応OS: macOS

Navicat対応製品: Navicat for MySQL、Navicat for PostgreSQL、Navicat for Oracle、Navicat for SQL Server、Navicat for MariaDB、Navicat for SQLite、Navicat for MongoDB、Navicat Premium

Navicat対応バージョン: バージョン7以上

 

ファイルをインポートする時に、このエラー"Cannot open this file for writing: xxx"を受け取る場合、それは、あなたがそれに対する書き込み権限がないことを意味します。デフォルトで、Navicatはアプリケーションフォルダの下にほとんどのファイルを保存します。この保存パスを変更するために:

  1. Navicatで、接続をコントロールクリックし、接続設定/接続を編集を選択します。
  2. 基本/詳細タブの下で、設定の記録場所/設定の保存場所を変更します。

さらに質問がございましたら、
チケット送信