対応OS: Windows, Mac, Linux

Navicat対応製品: Navicat for MySQL, Navicat for PostgreSQL, Navicat for SQLite, Navicat for MariaDB, Navicat Premium

Navicat対応バージョン: すべて

 

バックアップからSQLを取り出す時、そのInsert文内に16進コードが含まれているのは普通です。Navicatは、パフォーマンスをより良くするために、このようにプログラミングされています。

取り出されたInsert文に全く同じデータが含まれるようにしたい場合、データ転送機能を使います。データベース名を右クリック/コントロールクリックし、データ転送を選択します。データ転送において、ファイルに転送を有効にするか、ファイルオプションを選択し、SQLファイルの場所と名前を指定します。

さらに質問がございましたら、
チケット送信